会員向けサービスのご案内

知る

当ホームページを通じて、会員の皆さまだけに「お得な情報」をお届けします。

つくって食ッキング

福島民報発行の冊子「ハイッ!みんぽう」(月刊)の人気コーナーのページを、みんぽう伝次郎クラブ会員の皆さまのために作りました。
今日の料理の参考に、特別な日のメニューに、楽しみながらご利用ください。
毎月、新着を掲載してまいります。

※お断り:記事は『ハイッ!みんぽう』に掲載された際の原文のままです。掲載当時の市町村名、お名前となっております。

>> [つくって食ッキング]バックナンバー

大石邦子の「続・風のあとさき」

[大石邦子さん プロフィール]
会津本郷町生れ。エッセイスト。
'61年、会津女子高(現葵高)卒業。22歳のとき、交通事故に遭い半身麻痺となる。12年あまりの療養生活を経て自宅に戻り、車椅子生活を続けながらエッセイを書き講演活動を行っている。
主な著書に「この生命ある限り」「この生命を凛と生きる」「人は生きるために生まれてきたのだから」(講談社刊)他。
これまで福島県文学賞、福島県出版文化賞、NHK東北ふるさと賞、文化庁芸術祭大賞テレビドラマ原作賞などを受賞。皇居歌会始陪聴者に招待されている。

>> [続・風のあとさき]バックナンバー

伝次郎コラム「夢・彩・才」

遠い昔にあんなことがあったっけ。空を見上げてロマンを語ろうか…。あなたの心を潤すそんな世界に浸ってみませんか。
県内で活動する人たちのコラムをどうぞ、お読み下さい。

伊藤 美和子さん

(イラストレーター)
福島市出身。日本デザインスクール卒業後、フジテレビの「ひらけ!ポンキッキ」のスタッフとしてアニメ、絵本などを手掛ける。現在は県内外で個展を開くなど精力的に制作活動を展開している。みんぽう伝次郎クラブのパステル画教室講師も務めている。2007年1月から2009年12月まで福島民報発行の冊子「ハイッ!みんぽう」の表紙画を担当した。

伊藤美和子・パステル画の世界

[最新コラム]

>> バックナンバー

大野 裕明さん

(星の村天文台台長・天文ジャーナリスト)
福島市生まれ。高校卒業後、染物業の二代目を継ぎ、現在は呉服業も営む。18歳のころから天体写真家の藤井旭氏に師事し、天体観測に撮影法を駆使し互いに新分野を切り開く。主なる天文現象の中でも皆既日食やオーロラを追いかけ、地球表面上を歩き回っている。テレビ、ラジオにも20歳のころから出演し天文解説をしている。福島民報紙上でも活躍中。2001年に国際的に承認された大野裕明の名前がついた小惑星「Hiroakiohn o」が誕生。2006年には自力で自宅に「天文台・星の狩人」をつくる。大野模様店店主、福島天文同好会会長。

天空プロムナード

[最新コラム]

>> バックナンバー

小林 初夫さん

(日本語学会会員・方言研究者)
相馬郡小高町(現・南相馬市)生まれ。宮城教育大卒。南相馬市立上真野小教諭。宮城教育大非常勤講師。NHK方言監修者。福島県警察本部指定教養講師。日本語学会、日本方言研究会、日本文芸研究会会員。著書(共著)に「福島県相馬地方における方言の共通語化の実態とその社会的心理的背景」「宮城・福島沿岸地域におけるグロットグラム調査報告」「全国方言小辞典」「方言資料叢刊―日本語方言立ち上げ詞の研究」「全国方言辞典」など。

ちょっこら聞いて、ことばの話

[最新コラム]

>> バックナンバー

安部 義孝さん

(財団法人ふくしま海洋科学館理事長兼館長)
東京都生まれ。東京水産大学増殖学科魚類学教室卒業。東京都葛西臨海水族園長、東京都恩賜上野動物園長などを歴任。1967年、ミズクラゲの生活史の周年展示に成功(世界初)。1968年から69年にかけ、クエイト国立科学研究所上級研究員としてアラビア湾の魚類調査に従事。1996年に第4回世界水族館会議・都市と水族館セッション発表。現在、財団法人ふくしま海洋科学館理事長兼ふくしま海洋科学館館長。主な著書にクウェートの魚、アラビア湾の魚、魚のくらしなど学研図鑑数冊、マンガ水族館のしくみ、現代おさかな図鑑(共著)など。

アクアマリンだより

[最新コラム]

>> バックナンバー

橋本陽子さん

(青い窓の会事務局)
三春町生まれ。郡山女子大学短期大学部 保育科を卒業後、(株)柏屋に入社。半年後、青い窓の会の活動に加わり、主宰の佐藤浩さんのサポート役を務めた。現在は児童詩集『青い窓』の編集発行を担当。2005年5月から、ラジオ福島「こどもの夢の青い窓」に出演中。

窓から見たこどもたち

[最新コラム]

>> バックナンバー

太田 憲孝さん

(作家、エッセイスト)
郡山市出身。福島高専卒。「時機すぎた総括」で第49回県文学賞受賞。県文学賞審査委員。主な著書に「暗い晴天」「芥子玉絞り」「結末の選択」「傀儡のタブロー」など。

ほのぼの ホロ苦 人生えっせー!

[最新コラム]

>> バックナンバー